2019年2月13日水曜日

だいだいマーマレード

知る人ぞ知る熱海の「だいだいマーマレード」


 爽やかな香りと味に魅了され、
一日がかりの「だいだいマーマレード」作りを婦人会では、毎年行っています。


今年のだいだいは裏年に当たり、数は少なかったのですが、ジュースは沢山取れました。

 
 
 
まず、外皮を薄く切り、3回の湯でこぼしで苦味が抜けます。


ジュースを絞った後の内皮を水と煮詰めてペクチンを作ります。
このペクチンがあるとないとでは、味に大きな違いが出ます。


 
 
 
早朝からの作業も沢山のマーマレードのお土産で皆の笑みが溢れます。
 
 
 日も暮れかけ、紅茶に「だいだいマーマレード」を入れた通称「あたみ紅茶」を頂き、
お疲れ様をしました。 

2019年2月7日木曜日

賀詞交歓会

1月の初旬、東京海上日動小田原支社の賀詞交歓会に参加しました。

この会ではいつも抽選会があり、昨年まで3年連続でおいしい物を頂いています。
今回も会場に着くなり、これが当たる!という26番を選びました。
当然のことながら受付の社員の方にも「これは当たります!」という宣言をするのは
毎年恒例のことです。
まぁ、今年も当たりまして。
支店長賞の日本酒を頂きました。
いつもありがとうございます。


最近、日本酒が特に好きで、自宅近くにあるは”なだや”さんというお店に
たまに通っています。
日本酒の利き酒もあり、タイミングが合えばパパ友とも行きます。
(飲み屋ではないのであくまでも利き酒。その後購入しますよ!)


日本酒は色々な個性があり、その地域の水、その年の気候により多少左右されます。     
私のおすすめは静岡のお酒、正雪。
もう一つは長野のお酒、黒部です。
昨晩は支店長賞のお酒を頂きました。こちらも美味しかったです。


ドクターから、普段どおりで健康診断を受けてみたらどうか?と言われました。
健康診断の前はいつも休肝日を設けるのですが、ドクターの勧めに従い、
休肝日なしでチャレンジしてみようかと思います。
今のところ、毎月受けている血液検査の結果は全く問題はありませんが。。。

2019年1月29日火曜日

JAXAに行ってきました!


12/21に筑波研究学園都市の一角にあり、
1972年に開設されました。


 
 

約53万㎡の敷地に、研究学園都市にふさわしい緑豊かな環境と最新の試験設備
を備えた総合的な事業所です。

 
 
 
ここでは何をしているのかというと
・人口衛星の開発や運用
・宇宙飛行士の養成
・ロケットや輸送システムの開発などです。

最初の日本のロケット技術はペンシルロケットから始まり、














高さ50m以上のH2(イプシロンロケット)になり
今ではこんな大きい宇宙衛星打ち上げる日本の航空宇宙の
技術力の高さに改めて驚きました。

施設を見学していると
①宇宙やロケットの打ち上げを見てみたい
②宇宙や天体の事をもっと知りたい
③宇宙を体感できるイベントに参加したい
と思いました。

 
 
 
これを機に宇宙に対してもっと興味を持っていきたいです。



2019年1月23日水曜日

「めんたいパークに行って来ました」


先日、夫と函南町に昨年オープンした、めんたいパークに出かけて来ました。
 
 
 
福岡県にある辛子明太子で有名なかねふくが、見学ギャラリー、フードコート、直売所を併用した製造工場を「めんたいパーク」としてオープンしたものです。
 
 昼前についたのですが、フードコートはほとんど満席で、注文の列も長く続いていました。
 
メニューの種類はおにぎりと明太パスタで多くはないのですが、
明太子やたらこをふんだんに使っているので、
とてもおいしく豊かな気持ちになり大満足でした。
 
フードコートのお茶もとてもおいしくさすがお茶の町、静岡です。
 
あいにく土曜日で工場は休みでしたが、直売所には多くの観光客が集まり、
なんだかお土産の明太子を買って帰るモードになり、
試食もおいしかったのでもちろん買いました。
 
 隣接している道の駅にもより、途中スーパーあおきで厚揚げを買って帰宅しました。
めんたいパークってなにかなあ?と考えていましたが、
思いの外に楽しくて、紹介してくれた松原さんに感謝です。
 
 






 
 
      鍋島早苗

2019年1月15日火曜日

孫娘と遊ぶ


 

 

東京に住む娘の願いで、1日孫娘の面倒を見て欲しいとのこと。1月12日、豊洲まで家内と出かけました。午前10時に着くと、寒い中、すぐに公園へ出かけ滑り台、ブランコ、ブーブー乗り物で遊びました。だれかほかの子供が遊んでいると、割り込むこともできず、じっと見ているだけです。

あまりに寒いので、スーパーへ移動。2歳5ヵ月の孫娘は、商品は買うものということが分かって来たようです。孫が好きなぶどうパンやカニパンを見つけると商品を棚から取って籠に入れます。家に帰ってからは、ブロックで遊びました。高い塔を作ったり、自動車を組み立てたりします。

2歳なのに、と孫の成長の速さに驚きです。孫娘も面白いことが大好きで、自分が面白いことを言ったり、面白い仕草をしたり、人を笑わせるのが好きなようです。

孫娘のママが2歳の頃、道端に咲く花を“きれいだね、かわいいね”と言いながら、散歩していた時、自分の鼻を指して、“こーちゃんのはなもかわいいでしょ?”と言ったことを思い出しました。

 幼子は5歳までに親に恩を返す、とある小説の台詞にありましたが、孫娘との一日は、とても楽しい時間でした。ただ、その後、3、4日は腕や足腰が筋肉痛になります。それでも、もう一度、赤ちゃんから成長していく姿が見られる幸せを心から噛みしめています。

 







 

                               鍋島一博