2019年9月13日金曜日

塚原観音祭り


816日に地元の行事である観音祭りがありました。毎年参加する側で抽選がある時間帯に行くのみでしたが、今年は主催者側となり前の週の11日の準備から始まり当日午前中の最終準備そしてその日の午後から夜にかけて本番、17日は後片付けと、かなりの時間をこの観音際に費やしました。
 
 

13時から式典とお念仏があり、式典は 1時間ぐらいでしたが、司会を務めさせていただき無事終わることができましたが、途中初めてということで若干しどろもどろになった場面もありました。
 


 
 
一旦自宅に戻り15時過ぎにお祭りの会場に行き、夕方からのお祭り開催に向け打ち合わせをしました。
 
17時から開催宣言をしてその後はカラオケ大会、歌謡ショーそして盆踊りの後 いよいよ抽選会です。

 
   

 
一応私も 抽選券を入れておきましたらアサヒスーパードライの350ml6本当たりました。因みにこの写真は家内が作ってくれた抽選券箱となります。また来年再利用されれば良いなと思います。
 
 

いつも参加する側でしたが、主催者側となり準備や当日の運営を通して大変さが分かった事は非常に良い経験でした。これからも地元貢献が出来る機会が有りましたら積極的に関わって行きたいと思います。

2019年9月5日木曜日

うちの夏休み

我が家の夏休みは特に出かけることもなく、長男のサッカーの大会遠征の引率、甥っ子たちとの大事な時間。
近くにいても普段なかなか相手をしてあげられない甥っ子たちと遊ぶことができました。
ところが遊ぶ内容は虫取りばかり。。。全く虫がだめな私はうまくごまかしながらやり過ごすのでした。気がつくとこんなに蝉の抜け殻が!!!
うちの次男も虫が大好きなため最近の私の悩みの種となっております。


そして夏休みも長男はサッカー漬けの日々。私もほとんどアシスタントコーチとして帯同しました。小学二年生が勝ったり負けたり、いいプレーができて喜んだり、悔しくて泣いたりしながら成長していく様は指導している私の心もリフレッシュさせてくれます。

大雄山にハイキングにも行きました。息子と二人、いろいろ語り合いながら奥の院のてっぺんまで励まし合いながらなんとか登り切ることができました。

ほかにもプールに行ったり、BBQをしたり、今しか味わえない息子との時間をしっかり共有することができた夏休みでした。
さあ、また仕事モードで頑張ります!

2019年9月2日月曜日

お茶の試飲会に行ってきました

ルピシアの自由が丘本店でお茶の試飲会があるということで、お茶好きの友人に誘われて行ってきました。
その日は台湾茶の試飲会で、二階の販売スペースに所狭しと並んだお茶を楽しむことが出きました。ウーロン茶だけでも何種類もの種類があるのに驚きです。100g2000円もする高級なお茶をその場で丁寧に淹れてくれる実践説明も見ることが出来、楽しかったです。プロの手で淹れた美味しいお茶は、香りが全く違うのだなと思いました。

一階には様々な紅茶が並んでおり、季節限定の紅茶と、ハーブティーを買って帰りました。お茶に合うアイスも売っていたのですが、薫り高くてとても美味しかったです。時間を気にしなければ、アイスを買って帰りたいところですね。ルピシアのお茶とお茶菓子、沢山の種類があって必ず満足するものが見つかるので、とてもおすすめです。















2019年8月19日月曜日

行田蓮を見に行きました

埼玉県行田市の天然記念物である「行田蓮」を見に行きました。
行田蓮は普通の蓮とは違い、1400年から3000年前の古代蓮であると言われています。近年の公共施設工事の際に偶然出土した種子が、自然発芽し蘇ったもので、極めて珍しいことのようです。

蓮の命は4日間で、1日目の午前6時には開き、午前8時には蕾の状態に戻ります。
2日目まで繰り返し3日目に最大に開き、閉じかけで夜を迎えます。4日目の午前7時頃開き、午前8時頃から散り始めるという工程を経ます。

行田蓮の儚い花の命が、古代へのいざないと感じられました。







2019年8月5日月曜日

アイファースト納涼大会!


日本の8月と言えば祭りのイベントがどこでもあり、それに合わせて花火大会が開催されます。

83日(土)、連日うだるような暑さが続く中、午後4時にアイファーストの駐車場に集合。会場の設営や飲食物の準備等をして、6時ごろに納涼大会の開催となりました。

小田原支社より大久保支社長をはじめ3名参加していただきました。
 
 日が沈み涼しい風が肌に気持ちよくなった頃、荒井部長がセッティングした生ビールとそうめん等をいただき、最高でした。
 
 

6時半頃になると人が急に増え始め、沿道は見物人で一杯になりました。

毎年感じることは、普段の町中は人通りが少なく、若い方をあまり見かけないのですが、やっさ祭りの時は若い子連れの夫婦や子ども、学生が特に目立ちました。




 

ほろ酔い気分になった頃、パレード、やっさ踊り、山車、神輿などが繰り出し、祭りを十分堪能した一日でした。

その後に吉浜海岸での花火大会と楽しみはW(ダブル)です。

これからも暑い日が続きますが、健康に注意してこの夏を乗り切りましょう!